忍者ブログ

春日太一の「雪中行軍な人生」

時代劇・日本映画・テレビドラマなどの研究家・春日太一のブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ツイッターはじめました。

ツイッターはじめました。
アカウントは
http://twitter.com/tkasuga1977
です。

よろしく。
PR

「時代劇の作り方」発売中!

共著として参加させていただいております、

「時代劇の作り方~プロデューサー能村庸一の場合」(辰巳出版)

ただいま発売中です!

本編はもちろんながら、
巻末には能村プロデューサーと石橋蓮司さんの対談が掲載されておりまして、
これが「時代劇芸談」としてとてつもなく面白い!

ぜひともよろしくお願いいたします。

新刊本のお知らせ

『鬼平犯科帳』『剣客商売』『御家人斬九郎』などで知られる、
元フジテレビ・プロデューサーの能村庸一さんの自叙伝、

「時代劇の作り方」

に、

共著として参加させていただいております。

http://www.tg-net.co.jp/nyujo/search/search.php?mode=detail&keyword=4777808645

辰巳出版より7月12日に刊行になります。

詳しい内容は、以下の通りです。
(アマゾンより転載にて)

~~~~
内容紹介
『鬼平犯科帳』など多くの名作時代劇ドラマを作ってきた名プロデューサー・能村 庸一が担当作品の製作秘話を通して語る
テレビ時代劇栄枯盛衰史。

現役のテレビ時代劇のプロデューサーのなかで最も有名で実績のある人といえば、フジテレビの能村庸一氏(63年フジテレビ入社)。
自ら80人以上の関係者に取材し、1953~98年の時代劇史を書いた名著「実録テレビ時代劇史」(東京新聞出版局)などの著者でもある氏は、40年以上にわたるプロデューサー人生で、30本以上の時代劇連続ドラマと90本に及ぶ単発ドラマを手がけ、ギャラクシー賞などを受賞。特に『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人藤枝梅安』などの池波正太郎原作作品は人気を集め、現在も『鬼平犯科帳』は単発スペシャルドラマとして続いております。

能村氏がそのプロデューサー人生を余すことなく語った長時間のインタビューをもとに、2010年1月発売の『天才 勝新太郎』の著者で時代劇研究家の春日太一が執筆。能村氏の時代劇への想いと共に製作秘話を綴った内容になっております。
併せて、能村氏プロデュース作品に出演している俳優と能村氏の対談を巻末ボーナストラックとして掲載予定です。

~~~~

一連の名作の舞台裏はもちろんですが、
ここ10年のテレビ時代劇退潮の裏側で何が起きていたのか、
なぜこのような状況になってしまったのか、
そしてテレビ時代劇はこれからどうなるのか・・・
そういった時代劇ファンの皆様が気になることもタップリ書いてあります。

それと、巻末の某ベテラン俳優との対談はとてつもなく面白いです。


何卒よろしくお願いいたします。

トークライブ出演のお知らせ


前回に引き続きまして、阿佐ヶ谷ロフトAにて行われるトークライブ、
「大地丙太郎スタイル」の第10回に出演させていただくことになしました。

7月15日の開催になります。

詳しい内容は以下のとおり。
(大地監督のブログから転載)
みなさま奮ってご参加ください。

~~~~

大地丙太郎スタイル10 時代劇に学ぶ2」

ゲスト 市瀬秀和 / 春日太一

18時開場 19時~22時(予定)

前売り 3,000円(1ドリンク付き) 当日3,500円

コレまでの「大地丙太郎スタイル」でもっともリクエストの多かった、
大地丙太郎、春日太一、市瀬秀和で、時代劇を語りまくる回。
大地は「素浪人月影兵庫」にみるシナリオ、構成の妙を語り、
春日太一は決闘名シーンの解説、
そして市瀬秀和は・・・!?

副題に「映画を作ろう!」と掲げさせていただこう。お楽しみ発表もあり。
あとは現場にて! 乞うご期待すぐる「10」!

トーク終了後はいつものように1時間程度の親睦会あり!

予約アドレス:http://www.loft-prj.co.jp/lofta/reservation/

「オール讀物」6月号!

「オール讀物」6月号に原稿を書かせていただきました。
5月21日前後の発売になります。

私の記事は「時代劇ドラマの『江戸』を斬る!」というタイトルでして。

テレビ時代劇における江戸の日常描写の変遷を追いながら、
高度成長期から現在にかけての「現代のメンタリティ」を製作者たちがいかに捉え、
そして江戸の町に反映させていったのかを検証しております。

とりあげた作品は、「銭形平次」「文五捕物絵図」「天下御免」「」八丁堀捕り物ばなし」「御家人斬九郎」。
ゴールデンウィークを丸々費やして書いた15000字の大作原稿です。

どうぞ、よろしく!

京都組!

「時代劇研究家・春日太一」の故郷でもあった映像京都は昨年、
惜しくも解散してしまいました。

しかし、先ほど嬉しい報せが届きました。
映像京都の中堅・若手スタッフたちが中心になって、
新たなプロダクション「株式会社 京都組」を立ち上げたとのこと。

代表取締役には山下耕作監督のご子息でもある山下智彦監督。
いただいたお手紙には

「旧・映像京都から、映画作りの技と気概を受け継いで、
ここ京都太秦の地より、未来へ向けて前進してまいります」

と実に頼もしい志が記されており、
なんだか我が事のように嬉しいです。

相談役には西岡善信さんや中村努さんのお名前もあり、
彼らレジェンドたちがいろいろと支えになってくれるのでしょう。

私も微力ながら、なんらかのお役に立てればと思っております。

時代劇を愛する全ての方々。
京都の時代劇産業の未来のため、
「株式会社・京都組」をみんなで応援していきましょう。

ネットラジオ始めました。

ネットラジオを始めることになりました。

先輩ライターの池田憲章氏、大沼弘幸氏の番組「談話室オヤカタ」内の1コーナーで、
「スガラジ」というタイトルになっております。
(かつての「オーデカナイト」における「COCO恋は大騒ぎ」のポジションといえば分かり易い・・・
・・・ことはないか・・・)

相方、というか私のカウンセラー役はミュージシャンの貴日(サスガ)ワタリ氏です。

無駄話を10分間、ひたすら薄く浅く語ります。

ひたすらラジオを聞きながら時間を潰してばかりいた青春時代を過ごした身としましては、
憧れの舞台に立てたような気持ちで興奮しております。
(中学時代の夏休みなんか、毎日15時間はニッポン放送を聞いていたもんなあ・・・)

そういう訳ですので、もしよろしかったら。
http://danwa.seesaa.net/

毎週水曜に更新されるようです。
Page:
Top:
春日太一の「雪中行軍な人生」

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

カテゴリー

最新CM

[07/27 情報漏洩]
[07/16 名無しのリーク]
[01/19 加藤竜一]
[01/15 グリーン 修子]
[12/13 本有圭治郎]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
春日太一
性別:
男性
職業:
著述業
自己紹介:
時代劇・日本映画・テレビドラマの研究家です。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

アクセス解析

Designed by 0x85ab.