忍者ブログ

春日太一の「雪中行軍な人生」

時代劇・日本映画・テレビドラマなどの研究家・春日太一のブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

池波正太郎記念文庫講演2015のお知らせ

2014年は大雪の中での開催となりました、
浅草は池波正太郎記念文庫での講演ですが、
15年も開催します!!

概要は以下のとおりです。

「池波原作時代劇の楽しみ方」
日時;2月21、28日(土)14時~
会場:台東区生涯学習センター
受講料:無料
お申込み:http://www.taitocity.net/tai-lib/ikenami/
21日:名脇役たちの名演技
28日:池波映像化作品の系譜

最近は仕事の幅が広がって訳の分からないことになってもおりますが、
池波正太郎記念文庫での講演は
「時代劇研究家」としての「研究成果」を発表できる数少ない場として、
かなりコアな位置づけをしているイベントです。

どうぞよろしくお願いいたします。
PR

12.17トークイベント開催!!

「文藝別冊・五社英雄」の刊行を記念しまして、
トークイベントを開催します。

日時は12月17日(水)20時~
場所は代官山蔦屋書店

共演はサンキュータツオさんとアニメ監督の宮地昌幸さんという
私がいま最も信頼するトークパートナーたちです。

テーマは「名監督の条件」で、
「名監督の演出術」について、実写・アニメの両面から深く、熱く・、語りまくります。

春日は取材で知った五社英雄の撮影秘話など、
宮地さんは実際にお仕事をされて知った宮崎・富野監督の演出術などを語る予定です。

WOWOWぷらすとでの三人のノリが好きな方にはオススメのイベントになるかと。

↓たとえば、こんな感じ↓
「WOWOWぷらすと~俺たちのグーニーズ」
http://st.wowow.co.jp/detail/3952

お申し込みは店頭、もしくは↓こちら↓からお願いいたします。
http://tsite.jp/daikanyama/event/004484.html

オッサン版グーニーズともいえる3人との一足早いXmass&忘年会みたいな感じで、
お気軽にいらしてくださいませ。

よろしくお願いいたします!!

11月29日発売「文藝別冊 五社英雄」の全容です!!

11月29日、河出書房新社よりムック本
「文藝別冊 五社英雄~極彩色のエンターテイナー」
が刊行されます!!

私は「責任編集」としてクレジットされていますが、
取材・構成・執筆を一人でしており、
実質的にこれは「著書」と位置づけております。

そして、まあとにかく超豪華な内容となりました。
その全容をここに紹介します。

1.まず、なんと言いましても。
総勢42名の関係者による語りおろしインタビュー!!

そのラインナップは次の通りです。
※五十音順、敬称略、()内は五社作品との関わり

安藤昇(出演)


市田勇(編集)


岩下志麻(出演)


うじきつよし(出演)


岡田太郎(フジテレビ同僚)


奥山和由(プロデューサー)


尾崎長(AD)


角谷優(プロデューサー)


かたせ梨乃(出演)


菊地竜志(殺陣)


日下部五朗(プロデューサー)


古賀信雄(俳優座マネジメント)


柴英三郎(脚本)、


嶋田親一(フジテレビ同僚)


白川文造(プロデューサー)


鈴木秀雄(助監督)


高田宏治(脚本)


竹中直人(出演)


田坂啓(脚本)


田中美佐江(記録)


長坂秀佳(脚本)


仲代達矢(出演)


夏木マリ(出演)


名取裕子(出演)


西村維樹(製作)


野口多喜子(記録)


能村庸一(プロデューサー)


平幹二朗(出演)、


藤真利子(出演)、


古田求(脚本)


増田悦章(照明)


松平乘道(プロデューサー)


南野梅雄(助監督)


宮島秀司(プロデューサー)


村上光一(プロデューサー)


本木雅弘(出演)


森川時久(フジテレビ同僚)


森田富士郎(撮影)


山本圭(出演)


横田安正(AD)


吉田啓一郎(助監督)


吉田達(プロデューサー)



2.幻のテレビシリーズ版「三匹の侍」第一話の脚本、完全収録!
 
⇒映像が残されていない作品だけに、これは貴重です!


3.写真家・熊切圭介氏による「吉原炎上」現場密着写真


4.他にも関係者秘蔵の写真、資料を多数掲載


5.春日による五社英雄総論、夏八木勲さんコラム


これだけの情報量で、なんと1404円!
我ながら、凄まじいコスパだと思います。

そうまでして出したかった、待望の一冊です。

どうぞ、よろしくお願いいたします!!!

10.15新刊本「時代劇ベスト100」発売!!

9月刊行の「なぜ時代劇は滅びるのか」(新潮新書)は
おかげさまをもちまして大ヒット御礼中です!
お買い求めいただいた皆さま、ありがとうございました!!

そして・・・また本が出ます。

10月15日、新刊本「時代劇ベスト100」(光文社新書)が刊行されます!

これは
「時代劇に初めて触れてみたい」
「改めてちゃんと見直したい」
という方の入口となるよう
、読者のさまざまな趣味趣向に合わせて選りすぐった100本を
カタログ・ガイドブック的にオススメするという一冊です。

よく
「オススメ作品を教えてください」
と時代劇ビギナーの方から聞かれるのですが、
趣味に合わないのを紹介してせっかくの興味を削いでは…と悩んでいました。
ですので今回は、多様な趣味趣向に合うよう「オススメ」しております。

なのでランキング形式ではなく
「これだけは押さえておきたい40」
「隠れた名作40」
「個人的趣味の20」
に全体を分け、そこから幅広く作品を選びました。
それぞれの方に合った時代劇をその中から探していただく、
まさに時代劇カタログです。

「なぜ時代劇は滅びるのか」
などの拙著で時代劇に興味を持たれ始めた方にはぜひ読んでいただきたい一冊です。
水戸黄門が時代劇の王道などではなく、
時代劇はいかに多様性あるエンターテイメントなのか、
気軽にご理解いただけるかと。

「水戸黄門」などで植えつけられた時代劇への「食わず嫌い」的な偏見を払拭して、
「時代劇って、面白い!」
と思っていただきたいーーその一心で企画しました。

よろしくお願いいたします!

今後の刊行ラインナップ(2014年10月~15年2月)

9月13日発売「なぜ時代劇は滅びるのか」(新潮新書)は、
おかげさまをもちまして発売3日で大増刷となりました!

そして・・・
これからも怒涛の刊行ラッシュとなります。
以下にそのラインナップをご紹介しますね。


10月17日
「時代劇ベスト100」(光文社新書)


春日セレクションのオススメ時代劇を
「これだけは押さえておきたい40本」
「隠れた名作40本」
「個人的な趣味の20本」
に分けて、その魅力を解説。

カタログ百科的な内容ですので、
「これから時代劇に入りたい」
というビギナーの方にも気軽に楽しんでいただけるかと。


11月末
「五社英雄~極彩色のエンターテイナー」(文藝別冊=河出書房新社)


※ムック本、インタビュー集
五社英雄監督の関係者総勢40名にインタビューを敢行、
その魅力や製作秘話を余すとこなく語っていただいております。
見たこともない写真や資料もふんだんに掲載されますので、
新たな五社監督の一面を垣間見ることができると思います。

2015年1月
「役者は言葉でできている」書籍化(小学館)

週刊ポストで連載中のベテラン俳優インタビューが一冊にまとまります。
連載ではカット&再編集していることも多いのですが、
書籍はほぼそのまま、完全版で掲載します。
なので、超大幅加筆となります。
夏八木勲さん、蟹江敬三さんは生涯最後のインタビューとなりました。
貴重なお話、ぜひ触れてみてください。

2月
「時代劇は死なず!」(河出文庫)

集英社で絶版扱いとなった私のデビュー作が装い新たに復刊されます。
60~70年代の時代劇の危機を先人たちはいかに乗り切ったのかを描いたもので、
後の「天才勝新太郎」「あかんやつら」の雛形となった一冊でもあります。
「なぜ時代劇は滅びるのか」と対になっている内容でもあります。
もちろん、最新の取材も交えた大幅増補版となります。



みなさま、引き続きよろしくお願いいたします!!!




五社監督の

新文芸坐にてオススメ時代劇を特集上映させていただきます!

現在発売中の「なぜ時代劇は滅びるのか」(新潮新書)
および
10月刊行予定の「時代劇ベスト100」(光文社新書)
の刊行を記念しまして

池袋・新文芸坐にて
「春日太一&新文芸坐セレクション オススメ時代劇映画祭」

という特集上映を開催します!

時代劇ファンはもちろん、
時代劇ビギナーの方にも
「時代劇ってこんなにいろいろな表現があったのか!」
と楽しんでいただけるようラインナップを組みました。

スケジュールは以下の通りです。
(※上映時間など詳細は劇場ホームページでご確認くださいませ)

~~~~~~~
10.18「無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた」「座頭市千両首」
10.19「丹下左膳除話 百万両の壺」「河内山宗俊」
10.20「関の彌太っぺ」「沓掛時次郎 遊侠一匹」
10.21「座頭市物語」「座頭市兇状旅」
10.22「笛吹川」「宮本武蔵 一乗寺の決斗」
10.23「子連れ狼 三途の川の乳母車」「祇園の暗殺者」
10.24「十三人の刺客」「十一人の侍」
10.26「山椒大夫」「人情紙風船」
10.27「徳川いれずみ師 責め地獄」「女獄門帖 引き裂かれた尼僧」
10.28「切腹」「幕末残酷物語」
10.29「柳生一族の陰謀」「必殺4 恨みはらします」
10.30「里見八犬伝」「魔界転生」
10.31「忍者狩り」「十兵衛暗殺剣」
~~~~~~~

以上になります!
時代劇の魅力をトコトンまで味わえる作品ばかりだと自負しております。

名画座好きの方には旧・文芸坐あり、並木座あり、大井武蔵野館あり、新宿昭和館ありな
カオスな組み合わせにしました。

時代劇ビギナーの方には
「水戸黄門=時代劇の王道」
という偏見が吹き飛ぶラインナップかと思います。

開催中はトークイベントも予定しております。

皆さま、奮ってご参加くださいませ!!

※五社英雄の映画が一本もない!・・・
と思われた方がいらっしゃるかもしれませんが、ご安心を。
こちらもまた・・・(ニヤリ)

週刊ポストに滝田栄さんがご登場!!

週刊ポストの連載「役者は言葉でできている」は
9月1日発売分から5週連続で滝田栄さんがご登場されます!

ラインナップは以下の通りです。

第一週:三國連太郎、劇団四季
第二週:草燃える、なっちゃんの写真館
第三週:居合と殺陣
第四週:徳川家康の役作り
第五週:レ・ミゼラブル

「現代の侍」と呼んで過言でない滝田さんの熱い言葉に
ぜひ触れてみてください!
Page:
Top:
春日太一の「雪中行軍な人生」

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

最新CM

[07/27 情報漏洩]
[07/16 名無しのリーク]
[01/19 加藤竜一]
[01/15 グリーン 修子]
[12/13 本有圭治郎]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
春日太一
性別:
男性
職業:
著述業
自己紹介:
時代劇・日本映画・テレビドラマの研究家です。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

アクセス解析

Designed by 0x85ab.