忍者ブログ

春日太一の「雪中行軍な人生」

時代劇・日本映画・テレビドラマなどの研究家・春日太一のブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新刊本のご案内!(あかんやつら~東映京都撮影所血風録)

新刊本のタイトルと発売日、決定しましたのでお知らせします!


タイトル:「あかんやつら~東映京都撮影所血風録」

発売日:2013年11月15日

総ページ数:432

価格:お求めやすいお値段になるよう奮闘中
版元:文藝春秋

時代劇黄金期、集団時代劇、任侠、実録、カラテ、ポルノ、文芸大作と目まぐるしく移り変わる、
東映京都撮影所での60年におよぶ映画製作の舞台裏を、
当時のスタッフの証言に基づいて記したノンフィクションです。

取材10年、執筆3年、4度の全面書き直しを経た超大作になりました。
「時代劇は死なず」「天才勝新太郎」に続く、京都太秦三部作の集大成的な作品になります。

初めての新書以外の単著ですので苦戦は予想されるとは思います。

皆様、何卒よろしくお願い致します!
PR

官能的なオール読物10月号

9月21日発売の月刊「オール読物」10月号、「官能的」特集に寄稿しております。

題名は「時代劇のエロスに溺れて、誘う女と堕ちる男」
「女性の官能性を映しだすことが時代劇を面白くする上では重要」という話でして。

・大河ドラマの官能演出はいかになされてきたか、
・90年前後の時代劇における樋口可南子の官能性
・女優を官能的に映す勝新太郎演出の魔力、
・眠狂四郎シリーズのエロチックさの背景、
・『鬼平』に漂う大人の官能
・近年の時代劇の官能描写のどこがダメなのか・・・

について掘り下げております。
今回はオールでの原稿では初めて、週刊文春の連載のように一人称を駆使しながら、
私自身の「時代劇の官能」体験を交えつつ書いてみました。

それから、官能女優のグラビアページではナスターシャ・キンスキーの魅力も語りました。
掲載されている妖艶な写真と共にお楽しみいただけましたら、と。


是非よろしくお願いいたします!

ベイスターズ・トークショーのお知らせ

『4522敗の記憶~ホエールズ&ベイスターズ 涙の球団史』(双葉社・刊)は
我がベイスターズ弱小の顛末を当事者たちへの丁寧な取材と共に綴った名著ですが・・・

なんとこの度、

その著者である村瀬秀信さんとトークショーをさせていただくことになりました!
概要は以下の通りになります。

~~~~~~~
日時:9月28日(土)16時~17時
場所:東京渋谷の大盛堂書店3F
入場料:無料
定員:40名

詳細は下記ホームページにてご確認ください。
http://taiseido.co.jp/event20130928.html

~~~~~~~

私が日頃ベイスターズに感じている疑問や文句を村瀬さんにぶつけ、
それを村瀬さんに解説していただく・・・という感じで進められれば、と。
取材の裏話とかもうかがいたいですねえ。

という訳で、ベイスターズファン、野球ファンの皆様、
ぜひ大盛堂書店3Fでお会いしましょう!

『座頭市 Blu-ray BOX』発売のおしらせ

2013年11月8日(金) 発売
『座頭市 Blu-ray BOX
に解説を書くことになりました。

詳しくは、販売元よりいただいた情報を以下に貼り付けましたので、
ご参照くださいませ。

なお、映像特典はもう一点入れられるよう、現在交渉中です。

皆様、どうぞよろしくお願いいたします。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
日本を代表する時代劇映画の傑作『座頭市』シリーズがついに初Blu-ray化!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆言わずと知れた勝新太郎の代表作。暗闇の世界を生きるアウトロー・座頭市の戦いを描く
人気シリーズ18作品が高画質で甦る!
オリジナルネガから起こしたローコントラストプリントからテレシネし、修復したHDマスターを
使用しブルーレイ化。
◆豪華特典を収録&封入!
・音声特典として、池広一夫監督×春日太一氏の『座頭市千両首』オーディオコメンタリー
を収録!
・映像特典として、元大映京都のスタッフや中村玉緒さんなどが『座頭市』シリーズ、俳優・
勝新太郎について語るインタビュー集を収録!
①「聞書 座頭市~座頭市の軌跡~/~座頭市と呼ばれた男」(約80分)
※2003年に発売された「座頭市全集DVD-BOX」特典の再収録。
 
封入特典は春日太一氏執筆の解説書(64P予定)と写真・資料集(80P予定)!
──────────────────────────────
◇Blu-ray発売情報
■商品名
座頭市 Blu-ray BOX
■発売日:2013年118日(金)
■価格:¥54,000(税抜) ¥56,700(税込)
■品番:DAXA-4507
■JANコード:4988111145079
■画面:16×9スコープサイズ
■音声:日本語モノラルリニアPCM
■字幕:聴覚障害者用日本語字幕(本編のみ)
■本編分数:計1536分
■特典分数:約138分(予定)
■本編:1層ディスク (特典:DVD片面1層)
■色:モノクロ/カラー
■製作年/国:1962~1968年/日本
■特典
・『座頭市千両首』オーディオコメンタリー(池広一夫監督×春日太一氏)
・映像特典: 
①「聞書 座頭市~座頭市の軌跡~/~座頭市と呼ばれた男」(約80分)
※2003年に発売された「座頭市全集DVD-BOX」特典の再収録。
封入特典: 解説書(春日太一氏執筆/64P予定)
         写真・資料集(80P予定)
──────────────────────────────
■収録作品・スタッフ・出演
1 『座頭市物語』(1962年 モノクロ)
監督:三隅研次 脚本:犬塚稔 出演:勝新太郎、天知茂、万里昌代、島田竜三、柳永二郎
2 『続・座頭市物語』(1962年 モノクロ)
監督:森一生 脚本:犬塚稔 出演:勝新太郎、水谷良重、万里昌代、城健三朗(若山富三郎)、中村豊
3 『新・座頭市物語』(1963年)
監督:田中徳三 脚本:犬塚稔、梅林喜久生 出演:勝新太郎、坪内ミキ子、丹羽又三郎、真城千都世、近藤美恵子
4 『座頭市兇状旅』(1963年)
監督:田中徳三 脚本:星川清司 出演:勝新太郎、高田美和、万里昌代、成田純一郎、北城寿太郎
5 『座頭市喧嘩旅』(1963年)
監督:安田公義 脚本:犬塚稔 出演:勝新太郎、藤村志保、島田竜三、藤原礼子、丹羽又三郎
6 『座頭市千両首』(1964年)
監督:池広一夫 脚本:浅井昭三郎、太田昭和 出演:勝新太郎、坪内ミキ子、長谷川待子、城健三朗(若山富三郎)
7 『座頭市あばれ凧』(1964年)
監督:池広一夫  脚本:犬塚稔 出演:勝新太郎、久保菜穂子、渚まゆみ、五味龍太郎、遠藤辰雄
8 『座頭市血笑旅』(1964年)
監督:三隅研次 脚本:星川清司、吉田哲郎、松村正温 出演:勝新太郎、高千穂ひづる、金子信雄、加藤嘉、北城寿太郎
9 『座頭市関所破り』(1964年)
監督:安田公義 脚本:浅井昭三郎 出演:勝新太郎、高田美和、滝瑛子、平幹二朗、上田吉二郎
10 『座頭市二段斬り』(1965年)
監督:井上昭 脚本:犬塚稔 出演:勝新太郎、坪内ミキ子、三木のり平、加藤武、春本富士夫
11 『座頭市逆手斬り』(1965年)
監督:森一生 脚本:浅井昭三郎 出演:勝新太郎、藤山寛美、滝瑛子、明星雅子、石山健二郎
12 『座頭市地獄旅』(1965年)
監督:三隅研次 脚本:伊藤大輔 出演:勝新太郎、成田三樹夫、林千鶴、岩崎加根子、山本学
13 『座頭市の歌が聞える』(1966年)
監督:田中徳三 脚本:高岩肇 出演:勝新太郎、天知茂、小川真由美、佐藤慶、浜村純
14 『座頭市海を渡る』(1966年)
監督:池広一夫 脚本:新藤兼人 出演:勝新太郎、安田道代、五味龍太郎、千波丈太郎、田中邦衛
15 『座頭市鉄火旅』(1967年)
監督:安田公義 脚本:笠原良三 出演:勝新太郎、藤村志保、東野英治郎、水前寺清子、藤田まこと
16 『座頭市血煙り街道』(1967年)
監督:三隅研次 脚本:笠原良三 出演:勝新太郎、近衛十四郎、高田美和、朝丘雪路、中尾ミエ
17 『座頭市果し状』(1968年)  
監督:安田公義 脚本:直居鉄哉 出演:勝新太郎、野川由美子、三木本賀代、待田京介、志村喬
18 『座頭市喧嘩太鼓』(1968年)
監督:三隅研次 脚本:猿若清方、杉浦久、吉田哲郎 出演:勝新太郎、三田佳子、佐藤允、西村晃、藤岡琢也
原作:子母沢寛
──────────────────────────────
(C)1962~1968 角川書店
──────────────────────────────
発売・販売:角川書店

トークショーのお知らせ

ただいまラピュタ阿佐ヶ谷で「東映ニューポルノ特集」が開催中です。
それに合わせまして、
8月17日(土)21時からの「玉割り人ゆき」上映後に高鳥都さんとトークショーをします。

上映は一時間強でトークショ―は30分ほど。
終電には十分に間に合います。

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/toei-newporno/

東映京都でのポルノや牧口雄二監督作品の位置付け、
製作の舞台裏の事情などを、
同じ30代の若手?である高鳥氏と
肩肘張らない感じでお話できれば、と思っております。

なお、『玉割り人ゆき』に関しましては、
週刊文春の拙連載でも取り上げております。

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2939

川谷拓三ファンも必見の一本!

ご興味のある方は、
ぜひお越しくださいませ。

WOWOWぷらすと出演のおしらせ

私のような人間に一時間半近くも思う存分に語らせてくれる、
奇特なネット番組、それがWOWOWぷらすと

初出演:2000年代の時代劇状況
二回目出演:仲代達矢さんの魅力

に続きまして、三回目の出演が決定しました!

7月23日(火)20時より、夏八木勲さんの魅力を掘り下げます。
司会はサンキュータツオさんと内田理央さん。

ニコ生とユーストでの無料生中継です。
http://www.wowow.co.jp/plast/

ちなみにニコ生中継はこちらから
http://ch.nicovideo.jp/wowow

ぜひよろしくお願いいたします。

初回出演時の映像はこちら。


我ながら、よう喋っております・・・。

オール読物で織田信長

5月22日発売「オール読物」6月号の信長特集にて
「信長に選ばれし役者たち」
という長文原稿を書いております。

歴代の信長役者から十名をピックアップし、
その魅力を掘り下げてみました。

ぜひともよろしくお願いいたします
Page:
Top:
春日太一の「雪中行軍な人生」

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

最新CM

[07/27 情報漏洩]
[07/16 名無しのリーク]
[01/19 加藤竜一]
[01/15 グリーン 修子]
[12/13 本有圭治郎]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
春日太一
性別:
男性
職業:
著述業
自己紹介:
時代劇・日本映画・テレビドラマの研究家です。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

アクセス解析

Designed by 0x85ab.