忍者ブログ

春日太一の「雪中行軍な人生」

時代劇・日本映画・テレビドラマなどの研究家・春日太一のブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まさかの急上昇

最近フェードアウト気味だった「天才勝新太郎」の売れ行き。
なんと今週になって超急上昇!!!

アマゾンの本総合で最高11位、
そして新書・文庫部門では1位!!!!

正直、何かのミスとしか・・・

と思っていたら、
関西ローカルのテレビ番組「たかじんのそこまで言って委員会」
で取り上げられたみたいですね。

それでも、この急上昇は凄すぎる。

地上波の力を改めて実感した次第でして。
 
京都で御世話になった方々からも
「番組、見たよ」
と電話が続々と。

かく言う自分は見られないんですけどね・・・

とにかく嬉しいです!
次回作のモチベーションが上がってきた!!
PR

この記事へのコメント

カツシンの本読みました

春日さん、「天才 勝 新太郎」読ませて頂きました。いやー面白い。面白すぎる! アマゾンのレビューでも「初めてのカツシンの評伝」と書いてる人もありましたがまさにそう!春日さんも書いていますがカツシンは「生きながら伝説」を作る人であったが「長嶋伝説」の類と同じく
「茶の間」を瞬間的に沸かせる一ネタとしてエピソードが忘れた頃にポと出てきましたがこの本を読んで勝新に「すいませんでした」と謝りたくなる位その「こだわり」「芝居に対する姿勢」に感動を受けました。TVを観ていて勝新の事を語る時皆嬉しそうに話すのを観て「何故そんなに人を惹き付けてやまないのか?」とずっと疑問に思ってきましたがこの本を読んで少し解るような気がします。自分は代表作の「座頭市」を未だに観ていませんがタキシード姿で「マイ・ウェイ」を歌った姿に感動しました(関係ないか)しかし本業でないのに人を感動される勝新には
「天才」としか言葉が思い当たりません。これを機に「天才」の世界に足を踏み入れてみたいと思います。頑張ってこれからもいい本を書いて下さい。

Next:
熱すぎる漢たち
Prev:
同い年の座頭市
Page:
Top:
春日太一の「雪中行軍な人生」

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新CM

[01/19 加藤竜一]
[01/15 グリーン 修子]
[12/13 本有圭治郎]
[10/26 h.i]
[10/26 h.i]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
春日太一
性別:
男性
職業:
著述業
自己紹介:
時代劇・日本映画・テレビドラマの研究家です。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

アクセス解析

Designed by 0x85ab.