忍者ブログ

春日太一の「雪中行軍な人生」

時代劇・日本映画・テレビドラマなどの研究家・春日太一のブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ビッグなスペシャル!

「モヤさま」のままボケッとテレ東つけてたら、
そのままCM無しで『日曜ビッグスペシャル』に突入。

で、企画はというと・・・

「美人女将のど自慢」!!!

いろんな温泉地の「美人女将」がスタジオで身上話を語り、
その上で歌を披露。
それをゲストが審査して大賞を決めるという・・・

あまりの唐突さ、時代錯誤さに唖然としつつ、
「これぞテレ東!」と思わず興奮してしまいました。
しかもゲスト審査員に梅沢富美男と平尾昌晃。
「さすがテレ東!! 」と唸る。

という訳で。

以下、気になった女将さんたちの雑感を羅列してみます。

・山口の女将、35歳とは思えない貫禄。
でも歌声は緊張のためナチュラルにビブラート。少し萌える。

・ 長野志賀高原のCM出演歴もある女将は自意識過剰ぶりが凄い。
いちいちリアクションの大きい顔芸や入浴シーンなど押さえどころもバッチリで、
平尾プロデュースでデビューしてほしいと思った。
その時は、もちろん『必殺』最新作の主題歌で。

・今ゴールデンでこの人たちの唄う美空ひばりを流すテレビ局の度胸は凄まじい。
そう思わせるほど、伊豆の老母娘のパフォーマンスは
温泉のカラオケコーナーのようなフリーさを感じさせるカオスだった。

・庄内の24歳の新婚若女将は「津軽海峡冬景色」。
結構うまい。衣装はなぜか振り袖。

・京都の借金女将はやつれ方が心配になった。

・ 高山の育乃さん、ヤサグレた感じの目と声がイイ。五社英雄の映画向き。
仕事終わりに一人焼き肉するあたりが可愛らしい。

・江波杏子似の大分女将が歌う「赤いスイートピー」。
ルックスに似合わずガチガチに緊張しているのに萌える。

・蓼科のIT女将、いい感じでムチムチしてた。
31歳とは思えない、中村登の映画に出てきそうな朴訥とした風情。
心地よい音痴さ。

・作州の若づくり女将、女子高生のコスプレで登場。
これは妖しい。
ただ、変な店の女性と違い、リアルな制服をリアルに着こなしているところに好感を覚える。

・宮崎の女将、ステージの佇まいが完全にプロ。
横顔が三条正人(東京ロマンチカ)そっくり。

・19歳で38歳の旅館経営者と結婚した女将。
ハスキーな「コスモス」に悲哀が。
客席の旦那(ハゲ)「「犯罪者と言われてます」

・で、CMで流れる「いすずトラックの歌」でシンミリした後、
大賞発表。
「ハナミズキ」を歌いながら亡父を思い出し号泣した修善寺の26歳若女将に。
つられて平尾先生も涙。
最後はお涙頂戴でキッチリ締める、安心と信頼のテレ東クオリティ。

「いい旅夢気分」や「土曜スペシャル」、それに「雲爺」。
やはりテレ東が最高だと言わざるをえまいて。

PR

この記事へのコメント

Next:
「オール読物」10月号
Prev:
「鬼平」ができるまで
Page:
Top:
春日太一の「雪中行軍な人生」

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新CM

[07/27 情報漏洩]
[07/16 名無しのリーク]
[01/19 加藤竜一]
[01/15 グリーン 修子]
[12/13 本有圭治郎]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
春日太一
性別:
男性
職業:
著述業
自己紹介:
時代劇・日本映画・テレビドラマの研究家です。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

アクセス解析

Designed by 0x85ab.